ずいぶん いいもの みつけたね

パリ お店いろいろ

パリ滞在中に一番たくさん歩いたエリアは、モンマルトルでした。
東西南北で言えば、ロシュシュアール大通りに沿って西はPIGALLE(ピガール)・真ん中がANVERS(アンベール)・東はBARBES-ROCHECHOUART(バルベス ロシュシュアール)まで。
北はメリーゴーランドのあるサン・ピエール広場。
そして南は、ロシュシュアール大通りの南側のサウスピガールと呼ばれる辺りまでです。

ここはmamie(マミー)。古着屋さんです。
ハンガーとハンガーの間に手が入らないほどの、圧倒的な商品密度に衝撃を受けます。
それでもとても美しくて、忘れられないお店でした。
a0135162_10461442.jpg

a0135162_10462734.jpg

mamieの姉妹店mamie blue(マミーブルー)。
a0135162_10524216.jpg

a0135162_104736.jpg


ブロカントの人気店、L'Objet qui Parle(ロブジェキパルル)。
a0135162_10473244.jpg


Rue d'Orsel(オルセル通り)は布地屋街。
その中で、おそらく一番大きな布地屋さんMache Saint-Pierre(マルシェサンピエール)。
見上げればサクレ・クール聖堂です。
a0135162_10475441.jpg


ピガール周辺は歓楽街なので夜の一人歩きは怖そうですが、昼間は人も多く、ソフトクリームを食べながら散歩するのが楽しかったです。もちろん、スリには気をつけましょう。
a0135162_10481230.jpg


おすすめしたいのはサウスピガールと呼ばれる辺り。
小さな広場にカフェが並び、のんびりすることができました。
a0135162_10484329.jpg

a0135162_10584839.jpg

a0135162_1049472.jpg

[PR]
# by takatoboku | 2013-10-13 11:12

パリ 3つの蚤の市

9月の1週め、仕入れと夏休みを兼ねてパリへ行きました。
僕にとっては久しぶりの海外旅行。パリへ行くのは30年振りです。
結婚して丸5年になりますが、2人で行く初めての海外なので、新婚旅行も兼ねてというところでしょうか。

仕入れについては、ブロカントと呼ばれる古いものを仕入れたいと思っていました。
出発前に古物商免許を取り、気合十分でパリへ乗り込みました。

パリ滞在は1週間。その間に3つの蚤の市を回りました。
アリーグル、ヴァンヴ、クリニャンクールの3カ所です。

アリーグルの市場は、火曜から金曜まで毎朝8時ごろから開かれています。
場所は、地下鉄8号線のLedoru-Rollin(ルドリュ ロラン)駅から歩いて少し。
ここは野菜や果物を売る青空市場。その真ん中の小さな広場で小さな蚤の市が開かれているのです。

a0135162_158765.jpg

a0135162_15121778.jpg

a0135162_1603628.jpg

a0135162_1594930.jpg

アリーグルの蚤の市では、日本人でフランス人男性と結婚し、パリに住んで何十年という女性の出店者さんと知り合い、ガラスのカップ&ソーサーなどいろいろとお買物をさせていただきました。
また、日本語が上手なフランス人のおじさんは、奥様が日本人ということで(日本語で)話しが弾み、銅鍋などを買わせていただきました。どちらもずいぶんおまけをしていただきました。
日々の暮らしを感じることが出来る、小さいけれどとても温かい蚤の市でした。





土曜日はヴァンヴの蚤の市へ。
こちらは毎週土曜と日曜の朝7時ごろから開く、蚤の市らしい蚤の市です。
場所は地下鉄13号線Porte de Vanves(ポルトドヴァンヴ)のすぐそば。
僕たちが泊まっていたAlesia(アレジア)からは、トラム3号線を使うと便利でした。

ここでは歩道に沿ってテーブルやテントが並び、アクセサリー・古着・古布・器・インテリア・紙もの・ガラクタのように見えるものなどなど様々なものが売られています。
全体に値切りやすい雰囲気なので、ここでお買物の練習ができました。

a0135162_15581772.jpg

まず始めに「ジュ プ トゥシェ サ(これを手にとってもいいですか)?」と聞きます。
何も言わずに商品に触るのは、日本でもフランスでも、あまりお行儀がよくないということなのですね。

次に「セ コンビアン (おいくらですか)?」と聞きます。
しかし、こう聞くと、答えがフランス語で返ってきてしまいます。
フランス語がまったく分からない僕は、「ハウマッチ?」と聞くことにしました。
そうすると、皆さん親切に英語で答えてくれるのです。

そして値切るときは「モアンシェール スィルブプレ (もう少し安くしてください)」とお願いしてみます。
嬉しいことに、1€もまけられないという人はいませんでした。

また、ヴァンヴから歩いてすぐのブラッサンス公園で開かれている古本市もお勧めです。
フランス語は読めませんが、絵本なら楽しめます。
僕たちは、1950年代の素敵な絵本を見つけることができました。
古本探しに疲れたら、公園でのんびりできるのも魅力です。

a0135162_16513013.jpg

a0135162_1652849.jpg




日曜日はクリニャンクールへ行きました。
場所は地下鉄4号線の北の終点Porte de Clignancourt(ポルトドクリニャンクール)駅から、北へ歩いて少しのところです。

ここは、青空市場ではなく、小さなお店がぎっしりと詰まったひとつの町になっていました。
その中がいくつかのエリアに分かれているのですが、僕たちが目指したのはMarche VERNAISON(マルシェ ヴェルネゾン)とMarche DAUPHINE(マルシェ ドーフィヌ)でした。

ヴェルネゾンは細い路地が入り組んで、迷路のようなエリアです。
その中をぐるぐると歩きながら、古い布やシルバーのコインパースなどを見つけました。
a0135162_16145342.jpg

a0135162_1615620.jpg

a0135162_16154616.jpg


ドーフィヌでは、象牙や貝の古いアクセサリーをたくさん見つけました。
a0135162_16164290.jpg


お昼ごはんは、Marche PAUL BERT(マルシェポールベール)の入口にあるカフェで。
a0135162_1617175.jpg


買物日和のいい一日でした。
a0135162_16174638.jpg


※クリニャンクールのまわり、そして駅までの帰り道には、強引な客引きをする露店がたくさん出ています。
僕たちは近づかないようにしました。皆さんもどうぞお気を付けください。
[PR]
# by takatoboku | 2013-10-11 16:34 | おでかけ