ずいぶん いいもの みつけたね

カテゴリ:花・グリーン( 46 )

素敵なリース

花やグリーン、おいしいものやお出かけなどの素敵な記録を綴られている
kito*kaさんから、お店の開店祝いにと素敵なリースをいただきました。
(kito*kaさんのブログはこちらから→)

a0135162_16433514.jpg



あじさいにユーカリ、ピンクペッパーなどなど...
kito*kaさんのお庭で採れた植物も盛り込んでくださったそうです。



a0135162_16433589.jpg



さっそくお店に飾らせていただきました。
kito*kaさん、自然のやさしさを感じるとても素敵な贈り物をありがとうございます!





Facebookをはじめました。
こちらものぞいていただけると嬉しいです。
Facebookはこちらから→


[PR]
by takatoboku | 2012-07-05 16:29 | 花・グリーン

さくらさく

家の隣りの中学校の
桜の花が咲きました。
なぜか身体の底の方から
チカラが湧き出る気がします。

a0135162_19533141.jpg
お店がんばってます。
http://nara0317.exblog.jp/

[PR]
by takatoboku | 2012-04-01 20:00 | 花・グリーン

ヒヤシンスとナラとエレーヌ

a0135162_1931245.jpg3月17日に僕たちのお店が開店して
今日は始めての定休日でした。


a0135162_19311531.jpg久しぶりにゆっくりとベランダを眺めると


a0135162_19312643.jpg東京から連れてきたヒヤシンスが咲いていました。


a0135162_19313722.jpgナラの芽も膨らんで春が始まっています。


a0135162_19315064.jpg大阪に来て大好物になったコカルドのエレーヌと
開店祝いに益子の友人からいただいた
とびきりおいしいコーヒーで
2人でほっと一息つきました。

僕たちのお店のブログも
ぜひご覧ください。
http://nara0317.exblog.jp/

[PR]
by takatoboku | 2012-03-25 19:46 | 花・グリーン

誕生の木

たかです。

大阪へ越してくる数日前に、お世話になった夫の整体の師匠である
菱刈チカ先生のところへご挨拶に伺った際にとても嬉しい贈り物を
いただきました。
(先生のブログです→月刊 茶句里 SAKURI


a0135162_22555687.jpg

ガジュマルの木です。
この鉢植えには先生の特別な思いがあり、大阪で新しくお店を出す私たちの
門出にと、その思いと一緒に贈ってくださったのです。
先生には、整体だけではなく、簡単には言葉にできないくらい大切なことを
たくさん教えていただきました。
また、その整体によってずいぶん心も身体も良くしていただきました。
菱刈先生、本当にありがとうございました。
先生の思いを継いで、この誕生の木と整体をを大事に育てていきたいと思います。




3月17日にオープンする整体と暮らしのギャラリー naraのお店のブログを
始めました。→http://nara0317.exblog.jp/よろしくお願いいたします。
[PR]
by takatoboku | 2012-03-01 23:10 | 花・グリーン

オリーブ元気です

枯れてしまったと思っていたら
4ヵ月ぶりに葉を出したオリーブ。
元気に育っています。

a0135162_16524618.jpg
[PR]
by takatoboku | 2011-07-17 16:56 | 花・グリーン

オリーブが もう一度生まれた

a0135162_10533115.jpg

ベランダに3本の、鉢植えのオリーブがあります。
その中で一番若くて細いオリーブは、すっかり枯れてしまいました。

3月の震災のあと自分の仕事が精一杯で、
しばらく水やりをすることを忘れていたために枯らしてしまったのです。
あの時、どうして水やりも出来なかったのだろうと不思議に思うのですが、
それほど疲れ、気が滞っていたのでしょう。
オリーブには、ごめんなさいという気持ちでいっぱいです。

たかは、枯れたオリーブを捨ててしまう気持ちになれないと言うので、
他の鉢植えと一緒に水やりを続けていました。

そのオリーブに4カ月ぶりに新しい葉が出たのです。
昨日の朝、1センチ足らずの小さな葉を、たかが見つけました。
オリーブにも、たかにも、繋がっている全ての生命(いのち)にありがとうです。

a0135162_10535296.jpg
[PR]
by takatoboku | 2011-07-11 11:17 | 花・グリーン

アゲハ蝶との再会

数日前のことです。
商店街から路地に入りました。
両手を広げると端から端に届いてしまいそうな細い路地に、一頭のアゲハ蝶が飛んでいました。
近づくと、僕の周りを1周・2周回わり、胸の前まで来て、顔すれすれのところを下から上へと飛んで行きました。アゲハ蝶は「お久しぶりですね」と僕に伝えに来たように思いました。

a0135162_1455361.jpg

40年ほど前、小学生だった頃、庭のサンショウの木で見つけた緑色の芋虫を部屋で育てたことがありました。蛹(さなぎ)になっていた1週間は、もう死んでしまったのではないかと毎日心配していましたが、ある日の明け方に羽化したのです。殻を破って、まだクシャクシャの羽根が現れ、湯気が立つ(ように見えた)その羽根を、時間をかけてゆっくり広げていったことを今でも忘れません。
虫籠の蓋を開けて窓の外に出しても、しばらくの間は何をしていいか分からない様子でしたが、やがて彼は自分のすべきことを理解し、空へ飛び立って行きました。

もちろん40年前のアゲハ蝶が生きていたとは思いません。でも、これまで何度もアゲハ蝶を見かけながら、こんな風に想いが通じたのは初めてだったのです。あのとき僕の虫籠から飛び立っていった蝶の記憶がDNAに刷り込まれ、40年後の蝶の脳裏に甦ったと考えると、とても楽しいのです。

a0135162_17483473.jpg

卵から幼虫、幼虫から成虫となって死ぬまでが蝶の一生なのでしょうが、蝶は一生の中で2つの一生を生きているように思えます。芋虫から蛹になることで一度死んで、蝶となって2つめの一生を生きます。

そこで思い出すのは、帯津良一さんが本の中でお書きになっていた文章です。
『私たちの命は宇宙の大きな流れの中で循環しています。「死」は終わりではなく、魂のふるさとである「虚空」への旅立ちなのです。旅立ちなのですから、今を生きながら「死」に向かって、日々エネルギーを高め続けることが大事です。死とは生命の躍動のクライマックスなのです。生命のエネルギーが最高になったときに、自ら積極的に死の世界に飛び込むのです。』

これを蝶に置き換えると、「芋虫は日々エネルギーを高め続け、蛹という死に飛び込んでいく。そして蝶に生まれ変わり、虚空へ旅立っていく。」ということになります。

a0135162_17505347.jpg

ひょっとすると人間も、今生は幼虫のようなもので(幼虫も頑張って生きています)、死んだあと、今の自分には想像もつかない新しい姿になって、虚空へ旅立つのかもしれません。
今日も迷路のような路地のどこかで、アゲハ蝶は飛んでいます。
[PR]
by takatoboku | 2011-05-23 15:11 | 花・グリーン

糊空木(ノリウツギ)

去年の夏にin-kyoでいただいたノリウツギです。
冬は枯れてしまったかのようでしたが、
幹から新しい芽を出しました。

a0135162_15191956.jpg


樹皮から、和紙を漉く糊をとっていたので糊(ノリ)、
幹の中が空洞になっているので空木(ウツギ)、
それで名前が糊空木(ノリウツギ)なのだそうです。

a0135162_15193632.jpg


冬の間は静かに力を蓄えて、
春になって逞しく芽を出しました。
大きく育ってほしいです。
[PR]
by takatoboku | 2011-04-06 15:31 | 花・グリーン

花が咲く

しばらくベランダを見る余裕がありませんでしたが、
2年目のヒヤシンスが咲いていました。
花が咲く幸せに感謝します。

a0135162_21332376.jpg

[PR]
by takatoboku | 2011-03-21 21:40 | 花・グリーン

新芽

1月に植え替えたザミオクルカス
新芽が出てきました。
新しい季節の到来です。

a0135162_1917152.jpg
[PR]
by takatoboku | 2011-03-08 19:20 | 花・グリーン