ずいぶん いいもの みつけたね

カテゴリ:好きな作家( 55 )

森岡成好さん森岡由利子さんの窯場へ

いろいろなご縁がつながったおかげで、尊敬する陶芸家の森岡成好さん森岡由利子さんの窯場を訪ねることができました。



ここは高野山のふもと、JR和歌山線の笠田(かせだ)駅
a0135162_86798.jpg

ここからは小さなバスに乗ります。
向こうに見える山の中に窯場はあります。
a0135162_862546.jpg




お二人はご自分たちで家を建て、窯を作り、畑を耕しながら、作陶に打ち込んでいらっしゃいます。
(詳しくはコチラをご覧ください→★



お家の玄関で、かわいい犬たちに迎えられました。
a0135162_883740.jpg

きれいな畑。
a0135162_8105255.jpg

成好さんの仕事場。
a0135162_8111477.jpg

a0135162_8113457.jpg

a0135162_8115250.jpg

由利子さんの仕事場。
a0135162_8122220.jpg

a0135162_8124574.jpg

a0135162_8221258.jpg

そして窯。
窯の上でどくだみを乾かしています。
a0135162_814785.jpg

窯だし前の窯は、まだ暖かいのです。
a0135162_81513.jpg




お弟子さんにもお会いして、たくさんの良い刺激をいただいた一日でした。
僕たちも、自分の場所で精一杯がんばろうと思いました。
a0135162_8202693.jpg

[PR]
by takatoboku | 2012-10-04 08:25 | 好きな作家

奈良 室生 夢雲

今日、僕たちのお店は定休日。
たかと2人で、奈良県室生のギャラリー夢雲(むうん)さん へでかけました。
「南蛮と白磁 森岡成好・森岡由利子陶展」を拝見するためです。

a0135162_21184526.jpg

近鉄を室生口大野駅で降り、タクシーで山を登って10分。
車を降りて、花の咲く小道を進んだところに夢雲さんはありました。


a0135162_21185714.jpg
a0135162_2119619.jpg
a0135162_211915100.jpg
a0135162_21192990.jpg
a0135162_21194015.jpg
a0135162_2120455.jpg

庭を歩き、山を眺め、森岡さんの器でお茶をいただきました。
遊びに来た近所のタケちゃんとも遊んで、
気付かないうちに疲れていたカラダが
どんどん元気になるのを感じました。


a0135162_21201316.jpg
a0135162_21202319.jpg
a0135162_21203290.jpg

帰りは駅までゆっくり歩いて、
店主さまに教えていただいた大野寺へ立ち寄り、
川の向こうの断崖に刻まれた大きな弥勒仏にご挨拶しました。

a0135162_21222737.jpg
a0135162_21225651.jpg
a0135162_21233548.jpg

ありがとうございました。
また遊びにいきます。
[PR]
by takatoboku | 2012-04-23 21:55 | 好きな作家

川口武亮さんの工房

川口武亮さんを訪ねて有田へ行きました。

土と水と空気に恵まれた素晴らしい場所で、楽しくて優しいご夫婦から、
このような温かい器が生まれることがよく分かりました。
器は作る人そのものですね。

武亮さん、真紅さん、たいへんお世話になりました。
どうもありがとうございました。
また有田へ伺います。

a0135162_21363010.jpg


a0135162_21363856.jpg


a0135162_21364925.jpg


a0135162_2136585.jpg


a0135162_2142596.jpg


a0135162_21372211.jpg


a0135162_21373031.jpg


3月17日にオープンする僕たちの店 「整体と暮らしのギャラリーnara」のブログを始めました。
http://nara0317.exblog.jp/を、ぜひご覧ください。
[PR]
by takatoboku | 2012-03-02 22:07 | 好きな作家

亀田大介さん 小田原にて

写真は、今回の「うつわ菜の花」でいただいた汲みだしです。

亀田大介さんは、福島県双葉郡浪江町で約300年続く大堀相馬焼の窯元・松助窯の4代目です。
福島原発の事故でご家族と共に神奈川へ移住し、9月に新しい窯に火を入れました。
作家さんにとって、新しい土地・新しい窯で仕事をすることは、とても厳しいことに違いない。

亀田さんの器は骨太で優しい。
僕たちは素直に、亀田さんの器が大好きです。

a0135162_17432225.jpg
[PR]
by takatoboku | 2012-01-16 17:57 | 好きな作家

山野邊孝さん 小田原にて

小田原の「うつわ菜の花」に初めて伺いました。
「亀田大介・山野邊孝 やきもの二人展 福島県より」の初日でした。

山野邊さんにお会いしたのも、器を手に取ったのも初めてだったのですが、
静かで力強い作品にすっかり魅かれてしまいました。

マグカップ
a0135162_1132577.jpg

小皿
a0135162_11322335.jpga0135162_1132444.jpg

小皿
a0135162_1133332.jpga0135162_19152850.jpg

飯椀
a0135162_11334215.jpg
a0135162_1134858.jpg


a0135162_1134281.jpg
a0135162_11344893.jpg

うつわ菜の花はとても素敵なお店、山野邊さん亀田さんはとても素敵な方々です。
どうもありがとうございました。
[PR]
by takatoboku | 2012-01-15 11:41 | 好きな作家

クラトコのおさらい

11月5日に遊びに行ったクラトコです。
大好きな広川絵麻さんも出展なさっていると聞いて立ち寄りました。

大阪の鶴橋から近鉄特急に2時間乗って名古屋へ。
名古屋で名鉄に乗り換え、常滑まで特急で30分。
そこから知多バスに15分ほど乗って青池という停留所で降ります。
(バスは30分に一本ですから気をつけて。)

バス停の前には本当に池がありました。
緩くて長い坂道をとぼとぼ登って、ようやく大曾公園に到着。
全てが生まれて初めての道で、わくわくする小旅行でした。

クラトコの会場は歩くのに疲れない、ほどよい広さ。
山の斜面の林の中に、不規則にテントが並んでいました。
a0135162_16383229.jpg

すぐに広川絵麻さんのテントを見つけました。
a0135162_16384545.jpg

同じテントの相棒が風邪をひいてしまい、広川さん1人で2人分のお店番。
大いそがしでしたが、その一所懸命さが広川さんらしくて素敵でした。
a0135162_16385669.jpg


a0135162_1639948.jpg

広川さんとお話ししたり、
おるがん社さんと初めてお話ししたり。
a0135162_16392113.jpg

小さなお子さんを連れて、
ピクニックに来ている方も多かったです。
a0135162_16393387.jpg

のんびりとした、楽しいイベントでした。
来年は、たかと2人で行きたいです。
a0135162_16394389.jpg

[PR]
by takatoboku | 2011-11-29 17:06 | 好きな作家

益子陶器市 2011年秋

先週末、大阪から東京に戻って来て、
たかと2人で益子陶器市へ行ってきました。
いつものように電車を乗り継ぎ乗り継ぎ。a0135162_163662.jpg

天気が良かったので、途中の駅には電車見学の子どもたち。
黄色い帽子で、お行儀がいいです。a0135162_16111568.jpg

遺跡広場は、いつも気持ちがいいですね。a0135162_1632933.jpg

岩田智子さん、中園晋作さんといろいろお話ししました。a0135162_1634344.jpg

少し背中を丸めた影は、晋作さんかな。a0135162_164854.jpg

郡司庸久さん・郡司慶子さん、後藤義国さんとも楽しくお話しをして、
とびきり美味しいコーヒーを飲みにイチトニブンノイチへ。
店主さまからワクワクするお話しをたくさん聴かせていただいて、ああもう帰らなくっちゃ。
今度は春にうかがいます。
a0135162_1642076.jpg

[PR]
by takatoboku | 2011-11-08 16:21 | 好きな作家

クラトコ 広川絵麻さん

大阪を朝早く出て、愛知県常滑の大曽公園で行われているクラトコに来ています。
緩やかな斜面になっている林を会場にした、楽しいイベントです。

いま、草の上に腰をおろし、うまうまチャイを飲み、オカリナの演奏を聴きながら書いています。

ここに、広川絵麻さんも出展されています。絵麻さんとお話しできて、とても嬉しかったです。

a0135162_11571995.jpg

[PR]
by takatoboku | 2011-11-05 11:43 | 好きな作家

川口武亮さんの三島そば猪口

たかです。

先日、出かけたクラフトフェア灯しびとの集い
川口武亮さんのそば猪口をいただきました。
a0135162_21303573.jpg


夫が以前、空音さんでおみやげに持ち帰ってくれた
三島の片口がとてもいい佇まいだったので、
川口さんのおつくりになる三島を日々使いたいと思い
そば猪口にしました。
(川口さんが三島について書かれた記事→)
a0135162_21343333.jpg


左は白、右の器は少しグリーンがかった独特の色です。
片口のグレーとも少し違います。
とても味のある使っていくのが楽しみな器です。
さっそく、日々のコーヒータイムに愛用しています。
a0135162_21382188.jpg


今度は大皿もいいなあ(松を焼いた灰を使ったこれまた色のいい
三島の大皿があったのです)と思いながら、毎日使っています。
[PR]
by takatoboku | 2011-11-03 21:51 | 好きな作家

小さい部屋 広川絵麻陶展

いま京都に来ています。
先週の木曜日に、たかと2人で来たのですが、今日は1人です。

目的は、左京区北白川の小さい部屋で始まった、広川絵麻陶展。
小さい部屋は、素敵な店主さんがいらっしゃる素敵なお店です。もちろん広川さんの作品も素晴らしいです。
会期は14日迄ですので、皆さんぜひぜひご覧になってください。
a0135162_1361515.jpg

[PR]
by takatoboku | 2011-11-03 12:57 | 好きな作家