人気ブログランキング |

ずいぶん いいもの みつけたね

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ある日のおやつ

たかです。
私たちは朝ごはんにいつもパンを食べています。
パンはたいてい近所のパンやさん、BACKER(ベッカー)で買ってきます。
食パンもハード系のパンもおいしいです。
夫は、‘カレーパン‘と‘バナナボート‘がお気に入りです。
私は、‘アップルデニッシュ‘か‘タマゴパンとクロワッサンの組み合わせ‘を
よく食べます。
でもそれとは別に時々3時のおやつに買うパンがあります。
a0135162_23195282.jpg

アボカドとサーモンのサンドイッチです。
くるみの入った胚芽パンがサーモンとアボカドのコクのある味にぴったりで
見つけたら必ず買ってしまいます。
この日は、ていねいに淹れたコーヒーでいただきました。
これは夫には内緒です。
by takatoboku | 2009-12-30 23:34 | おいしいもの

大掃除とBROMPTON

a0135162_19543634.jpg年末なので大掃除をしました。
家の掃除もしましたが、自転車の掃除がメインです。


a0135162_19545336.jpg汚れを落として空気を入れると
やっぱり良く走ります。


a0135162_20152725.jpg
毘沙門さまの向かいにブロンプトンを止めて
掃除をした自分たちへのご褒美に
ル・ブルターニュで遅いお昼をいただきました。


じゃがいもと、きのこと、たまごと、ハムとチーズのガレット。
塩バターキャラメルにアイスクリームを乗せたクレープ。
どちらも、たかが大好きなメニューです。
a0135162_1955291.jpga0135162_19555240.jpg


a0135162_19561474.jpgさて、大掃除が終わると、もうすぐお正月ですね。
by takatoboku | 2009-12-28 20:18 | 自転車

華順さんのバッグ

たかです。

よくカメラやカメラに関する本などを購入しているマップカメラのホームページで
素敵なお散歩用のバッグを見つけました。
a0135162_11542369.jpg

斜めがけのバッグはよくあるのですが肩からかけられるトートタイプはめずらしくて
いいなと思いよく見てみると、このバッグをつくってらっしゃるのは華順さんでした。
革の質感やステッチが華順さんのバッグらしい感じがします。
このバッグをマップカメラのオリジナルとして作る際に、監修されたのは
カメラに関する著書をたくさん出してらっしゃる赤城耕一さんなのだそうです。
私も何冊か、赤城さんの著書を愛読しています。



a0135162_1202082.jpg

中には、カメラを入れる革のボックスと底にしくやはり革製のクッション、そして
バッグをつくる際にあまった革が入っています。この革でカメラを包んでもよいそうです。


a0135162_1255540.jpg

荷物を入れるとこんな感じです。
久しぶりにフィルムで写真が撮りたくなって、さっそく出かけました。
by takatoboku | 2009-12-28 12:14 | 布のもの・革のもの

土偶展

a0135162_10264472.jpg上野の国立博物館で「土偶展」を見ました。

この中で一番古い土偶は
紀元前7000年から4000年の
縄文時代早期のものでした。

それは、高さ4.8センチの小さなかたまりです。
(2枚目の写真:博物館の図録より)
頭も手足もありませんが
壊れて欠けてしまったのではなく
始めから胴体だけなのです。

首と肩と、乳房と腰と、お腹とお尻で
女性の胴体を表現しています。



a0135162_1027773.jpg紀元前7000年の、この土偶の持ち主は
4.8センチの小さなかたまりを
毎日、手のひらで包んでいたのではないかと想像してしまいます。

「包む」の「包」という字は
母胎の中に赤ちゃんがいる姿だそうです。

胎内に赤ちゃんを包むような思いで
この土偶を、手のひらに包んでいたのではないでしょうか。

そしてその土偶は女性の胴体であり
その土偶もまた、胎内に赤ちゃんを宿すとすれば

手のひらという母胎の中に、土偶という母胎。
土偶という母胎の中に、新しい生命への思い。

それは無限に繋がる入れ子になって
生命の循環を祈ることだったのではないでしょうか。
by takatoboku | 2009-12-24 11:20 | おでかけ

マタタビの米とぎザル

たかです。

ストウブでご飯を炊くようになって、お米をとぐザルも自然に帰るものを
使いたいなあと思うようになりました。
そこで、前々から気になっていたマタタビのザルを買うことにしました。
a0135162_23532468.jpg



マタタビは水を含むととてもしなやかに柔らかくなります。
そしてお鍋に移す時、お米がいい具合にかわいてパラパラときれいに
ザルからはなれます。
ご飯を炊く楽しみがまた一つ増えました。
by takatoboku | 2009-12-23 23:58 | 暮らしの道具・うつわ

上野公園

a0135162_199020.jpgまだ3時だというのに、陽が傾いて


a0135162_1993855.jpg遊園地で遊ぶ人は、もういません。


a0135162_19125849.jpg帰る家がある人と、ない人。


a0135162_19134674.jpg冬至の上野公園は、少し寂しいです。
by takatoboku | 2009-12-22 19:34 | おでかけ

鍛金工房WEST SIDE 33の銅のやかん

たかです。
わが家では、お湯を沸かすやかんは、結婚祝いにと夫の上司の方にいただいた
南部鉄器の特大サイズのものを愛用しています。
ある時、
夫が銅に懲りはじめ、やかんが欲しいと言いました。
そこで、いろいろ調べたところ、私たちの大好きな鍛金工房WEST SDIDE 33でも
銅のやかんを取り扱っているとわかりました。
a0135162_1785626.jpg

a0135162_1911788.jpg

このつまみがとても感じが良いです。
このやかんをつくられた寺地茂さんのお話では
お鍋ややかんなどの道具は古くからあるカタチ、昔ながらのカタチが良くて、
そういう風につくっているそうです。
このやかんも古道具やさんにありそうなカタチです。
これから少しずつ変化していくのが楽しみです。
a0135162_1792825.jpg

by takatoboku | 2009-12-21 17:11 | 暮らしの道具・うつわ

鍛金工房WEST SIDE 33の行平鍋

たかです。
鍛金工房WEST SIDE 33にはじめてうかがったのは
半年くらい前のことです。
その際に購入したのが、行平鍋でした。
a0135162_20175389.jpg

シンプルで余計なものの何もない姿にとても魅かれました。
お店の方に扱い方など親切に教えていただき、
鍋磨きまで一緒にくださいました。
今思えば、寺地茂さんの奥様でしょうか。


わが家では、おもにインスタントラーメンをつくるのに大活躍です。
野菜を茹でたり、ちょっとのものを温めるのにも便利です。
持ち手の木そのものの質感が気に入っています。



a0135162_20223879.jpg


先日うかがった時に、お鍋は磨けばきれいになるので長く使えるよと
寺地さんに教えていただきました。
大事に磨いてずっと使い続けたいです。
by takatoboku | 2009-12-16 20:31 | 暮らしの道具・うつわ

初めての和三盆

たかです。
先日、ふらっと近所のお気に入りのお店のjokogumoに立ち寄ったところ
店主の方にお土産をいただき、感激しました。



a0135162_15163781.jpg

店主さんの故郷の香川県の和三盆です。
羽根さぬき本舗のものです。
地元の方もここのがいちばんおいしいとおっしゃっているそうです。



a0135162_1519949.jpg

初めての和三盆はコーヒーにもぴったりで、とてもおいしくいただきました。
ありがとうございました。
by takatoboku | 2009-12-16 15:24 | おいしいもの

森彦

a0135162_21225196.jpgたかがコーヒーを淹れてくれました。
森彦のノエルという名前のブレンドです。


a0135162_21231579.jpg封を切って茶筒に入れ
2人分だけミルで挽きました。


a0135162_21233421.jpg美味しくなるおまじないをして
80度にさましたお湯を落します。


少しづつ落していくと
泡が出て、むくむくと膨らんできます。
a0135162_21235656.jpga0135162_21241817.jpga0135162_212436100.jpg


やがてコーヒー液が落ちてきたら
全体にまんべんなくお湯を注ぎます。
a0135162_21245335.jpga0135162_21251049.jpg


さあ出来ました。
甘く、華やかな、とても美味しいコーヒーでした。
ごちそうさまでした。
a0135162_21252936.jpg
by takatoboku | 2009-12-10 21:47 | コーヒー