人気ブログランキング |

ずいぶん いいもの みつけたね

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

中西洋人さんのコーヒーミル(中西ミル)

たかです。
ここのところ、ひどい風邪をひいてずっと寝込んでおりました。
少しずつ、社会生活(?)に戻るためにブログを書こうと思います。

去年、鎌倉にあるcafe・vivement dimanche(ヴィヴモン・ディモンシュ)
ホームページを見ていたら、とても素敵なコーヒーミルを見つけたのです。
あいにく在庫切れで、入荷のお知らせをお願いしていました。

中西洋人さんのつくるミルだから
その名も中西ミルです。
本体はくるみの木でできています。
ミルの部分はカリタ製のようです。
a0135162_1338726.jpg


挽くときのハンドル部分と、ひきだしの取っ手の部分は
ウォールナットでできています。
a0135162_1333327.jpg

木目の表情がひとつひとつ違う木の道具には
とても愛着がわきます。
そして、木の感じがこれからどう変化していくのか
楽しみに使いたいです。
by takatoboku | 2010-01-29 13:46 | 暮らしの道具・うつわ

ナラコナラ

a0135162_14142183.jpgベランダに楢の苗木を植えました。
右がミズナラ、左がコナラです。
2つ合わせてナラコナラと呼んでいます。

細い細いナラコナラを眺めながら
見たことのない、ナラの森を想像しています。

ドングリは栄養豊富で
リスだけでなく、カケスのような鳥や、クマ、シカたちも食べに来るそうです。

カミキリ虫は、ナラの木に丸い穴をあけて卵を産みます。
卵からかえった幼虫は、幹を噛み切り中に入り込みます。

その噛み切られた幹から樹液が浸み出し
カブトムシや、スズメバチ、カナブン、チョウ、アリなどが
集まってくるそうです。



a0135162_14181559.jpgナラは落葉樹です。
落ち葉は土にかえり、植物を育む栄養になります。

それだけでなく、落ち葉に含まれる成分は
雑草などの発芽や生長を抑制する作用を持っていて
自分の生育域に入ってくる雑草を防ごうとしている
という研究結果もあるようです。

また、川に流れ込んだ落ち葉は
カワゲラやヨコエビなど川の生き物たちの餌になります。

カワゲラやヨコエビは、魚の餌になり
分解された落ち葉の栄養分は、川や海の栄養となるそうです。


a0135162_14183444.jpgナラは森のシンボルです。
ナラは、共生と循環のシンボルです。

ぼくたちが植えたナラコナラが
300年後に、高さ30メートルの巨木になって
人々に愛され続けていることを想像して楽しんでいます。

by takatoboku | 2010-01-26 15:00 | 花・グリーン

Fariero Sartiのストール

たかです。
冬場に夫と兼用で愛用しているストールがあります。
Fariero Sarti(ファリエロ サルティ)というイタリアにあるテキスタイルの
メーカーのものです。
カシミヤとシルク素材でできていて、とても心地よい独特の肌触りで
しかも大変にあたたかいのです。
a0135162_20372147.jpg

毎年、1枚ずつ購入していて今年はどの色にしようかなと考えるのも
楽しみです。
ベーシックな色ばかりなので今度はきれいな色にしてみようかな。
a0135162_2043974.jpg
by takatoboku | 2010-01-21 20:49 | 布のもの・革のもの

城 進さんの器

たかです。
城進さんは伊賀在住の陶芸家の方です。
La Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)でご本人をお見かけしたすぐ後に二子玉川のコホロでもお会いして、
城さんの方はご存じないと思いますが、こちらは勝手にご縁を感じました。

こちらの器はすり鉢なのですが、わが家ではおかずを盛る器として使っています。
a0135162_19322290.jpg


同じ柄の四角いお皿は、ケーキなどのおやつにもお魚やシュウマイなどのおかずにも
使えてとても便利です。
a0135162_19394787.jpg


いつか伊賀に行き、城さんの工房を訪ねてみたいです。
by takatoboku | 2010-01-18 19:43 | 好きな作家

安部太一さんの徳利

La Ronde d'Argileラ・ロンダジルの店主さんにお願いしていた徳利が届きました。
安部太一さんに焼いていただきました。

a0135162_15413963.jpg

安部さんの器の、どこか無国籍で、アンティークのような風合いがとても好きです。
ぐいのみは、たっぷり飲めて嬉しい大きさです。

いつまでも大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。
by takatoboku | 2010-01-14 16:06 | 好きな作家

TRUCK FURNITURE

たかです。
先日、おばあちゃんの3回忌があり、夫と日帰りで帰省しました。
その際に少し時間があったので、旭区に移転したTRUCK FURNITUREに行ってきました。
私たちはTRUCK FURNITUREが大好きで、革のパスケースを愛用しています。
a0135162_1345119.jpg

a0135162_1392554.jpg

前のお店のあった場所は私が通っていた中学・高校のすぐ近くでした。
そんな懐かしさもあって玉造にあったお店にもよく行っていました。



a0135162_21345751.jpg

a0135162_21351692.jpg

新しいお店はたくさんの木にかこまれて、広々とした場所にありました。
近くには公園もあり、その空はとても広かったです。
a0135162_21384013.jpg

私たちはウキウキしながら、少し有頂天になってAG SIDE WAGON
注文してきました。できあがるのは少し先だけれどとても楽しみです。
帰るころには、あたりはすっかり暗くなっていました。
a0135162_2144537.jpg
by takatoboku | 2010-01-13 21:48

楢の木

たかが、白銀公園を通って帰ろうと言いました。
木が見たいと言いました。

1本づつ木に近づいて、やがて立ち止り、
高い枝にわずかに残った葉っぱを見上げて
「これがコナラの木だよ」と言いました。

a0135162_22332024.jpg

その木の幹が三股に分かれた窪みに
小さな石が4つ乗せてありました。
公園に遊びに来た子供が乗せたのでしょう。

a0135162_22333659.jpg

その小石は、「お祈り」のように見えました。
人は、この木のような、生命力に溢れた大きな存在に出会ったとき、
とても素直に、その存在と交流したいと思うのではないでしょうか。

石を置くことは、「ぼくはここにいます」と
伝えようとすることなのではないでしょうか。

ちいさな子供が置いた石は、
人が生まれつき身につけている
祈りの形なのだと思いました。
by takatoboku | 2010-01-09 00:24 | 花・グリーン

今年初めてのカド

今年はじめて、カドでお昼ごはんをいただきました。a0135162_22264676.jpg

今日のカド定食は、モツと牛蒡とお豆腐の煮込みです。
お店の方は、ぼくたち腹ぺこ2人組のために
ごはんを山もりの大盛りにしてくださいました。
a0135162_185602.jpg

お漬物の大根は
たかはぬか漬け、ぼくのは沢庵だったので、半分づつ分けました。
デザートは、栗の入ったスイートポテトでした。
a0135162_18561467.jpg

「多すぎたら残してくださいね」と言われたのですが
どのお皿もとてもおいしくて、残さずいただきました。
ありがとうございます。ごちそうさまでした。
a0135162_18562771.jpg

by takatoboku | 2010-01-07 19:37 | おいしいもの

華順さんのバッグ もうひとつ

a0135162_2315018.jpg

赤城耕一さん監修、華順さん制作
マップカメラのトートバッグを、僕も購入しました。
革が身体に吸いついてくるようで、とても気持ちがいいです。

作り手の気持ちがいっぱいこもっているもの。
大切に使えば使うほど育っていくもの。
何十年も何世代も使い続けられるもの。
そういうものたちと暮らせたらいいと思います。

a0135162_1194711.jpg
by takatoboku | 2010-01-04 00:01 | 布のもの・革のもの

初詣

2010年1月1日。
たかと二人で散歩をしました。a0135162_20523953.jpg

筑土八幡でお願いごとをしてa0135162_20531531.jpg

寺内公園で猫と遊んで
a0135162_20535715.jpg

毘沙門さまの外でしょんぼりしている犬を励まして
a0135162_2054836.jpg

ラ・ロンダジルを格子戸の外から覗きました。
a0135162_20542251.jpg

まだ冬が続きますが、草や木は、春の準備を初めていました。
僕たちも、夢の実現に向けて準備をしていきます。
a0135162_20543595.jpg
by takatoboku | 2010-01-01 21:15 | おでかけ