ずいぶん いいもの みつけたね

<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

金沢#6 ギャラリー工人

たかです。
2日目は、北陸鉄道石川線に乗りました。
a0135162_1810093.jpga0135162_18102327.jpg

額住宅前で降りて、てくてく歩いて
a0135162_1812926.jpg

目的のお店に到着しました。
a0135162_1813092.jpg

工人というお店です。
こちらのお店には、ご主人がつくる木工品と作家さんの器のギャラリーと、
カフェがあります。


開店時間にお邪魔したので、お店には私たちだけでした。
ゆっくり見ることができました。
私は、木の中では特に楢が好きなのですが、お店に入るとすぐに
素敵な楢のダイニングテーブルが目にとびこんできました。
ご主人とお話すると、最近はいい楢がなかなか手に入らないと嘆いて
いらっしゃいました。
家具のほかにも、木材の勉強になりそうな積み木や、箱膳や様々な
大きさのカッティングボードなど魅力的なものがたくさんありました。
作家ものの器もガラス(井上美樹さんのものもありました)や陶器、
オブジェなど見応えがありました。


私たちは、お土産用にいろいろな木材のコースターと、楢の敷板・小さめのチーズボードを購入し、
ほっと一息お茶タイムです。
a0135162_18381099.jpga0135162_18382695.jpg

a0135162_18384330.jpga0135162_18405214.jpg

カフェで使われているテーブルやトレーなどは、ご主人のつくられたもののようです。
ポットやそば猪口、陶板などのうつわも素敵です。
ちょうどお昼時だったので、まかないを作っていらっしゃり、これがとってもいい香りで
おいしそうでした。
また、ご近所の方がランチにいらっしゃり、カレーを頼んでらしたのですが、これまた
とてもおいしそうでした。
私たちは、お昼を食べるところを決めていたので、焼き菓子と棒茶をいただいたのですが、
とても優しいお味でおいしかったので帰りにお土産を買って帰りました。
次回はランチにうかがいたいと思います。
a0135162_18493292.jpg

ごちそうさまでした。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-31 18:54 | おいしいもの

金沢#5 bistro YUIGA

たかです。
1日目の夜は、1週間前から予約して楽しみにしていた
bistro YUIGAにうかがいました。
a0135162_1193688.jpg

古民家のような風情のある外観にますます期待が
高まります。
ご夫婦お二人でされているビストロは、とても温かい
雰囲気で、お家に招かれたような居心地の良さです。

まずは、ワインとジンジャーエールで乾杯です。
a0135162_11154049.jpga0135162_133515100.jpg

私たちは、いろいろなお料理がいただける取り分け
スタイルのおまかせコースにしました。
a0135162_11174420.jpga0135162_11181081.jpg

a0135162_1118292.jpga0135162_11185279.jpg
a0135162_11191372.jpga0135162_11193377.jpg

a0135162_11195154.jpga0135162_11209100.jpg

a0135162_11202683.jpg

金沢の地元の方に、今日の夜はYUIGAに行くんですと言うと
みなさん、おいしいよ~とおっしゃいました。
地元の人に愛されるお店なんだなあと実感しました。
シェフのつくるお料理は、一つ一つに心がこもっていて
深い滋味のあるおいしさでした。
マダムのつくるマカロンやミントのムースなどのデザート
には感動しました。
コーヒーも丁寧に淹れてくださって、とてもおいしかったです。

金沢に旅行する際は、必ずまた来たいと思います。
素敵なおもてなしをありがとうございました。
a0135162_11342669.jpg
[PR]
by takatoboku | 2010-05-30 11:34 | おいしいもの

金沢#4 新竪町商店街

たかです。
ギャルリ・ノワイヨを出て、そのあとも井上美樹さんの案内で
新竪町商店街のお店を見てまわりました。

おしゃれな洋服のセレクトショップ‘iroha‘
a0135162_22585083.jpg

店主の方はとてもおしゃれで礼儀正しい素敵な若い男性でした。
奥にはメンズもあり、この日は2階で秋冬物の受注会を
されていました。
私たちもちゃっかり見せていただきました。
またirohaには、私たちの大好きな大阪の靭公園にお店がある
ブランド"NO CONTROL AIR"も置いていて、ちょっと興奮して
しまいました。


次にうかがったのは、北欧家具や雑貨のお店‘phono‘
a0135162_2335983.jpg

こちらには、イイホシユミコさんのカップなどの器があり
北欧の家具や雑貨にも合うなあと思いました。
また、Hans j.Wegner のデイベッドソファがあり、
座らせていただきました。
現行品はオークの白木なのだそうですが、phonoに
あったものはヴィンテージのものでチークでした。
チークにいい味が出ていて、座り心地もとても良かったです。

そのあと、benlly's&jobへ
a0135162_23163529.jpg

homspunのカットソーから、ヴィンテージ雑貨、文房具などなど
とても面白い品揃えのお店でした。
宝探しみたいでとてもわくわくしました。
arabia ruskaの素敵なコーヒーポットがあったのですが
大きさにより断念しました。
次の日に別のものを購入したのですが、それはまた別の時に…

新竪町商店街のお店のみなさんは、美樹さんの紹介もあったためか
気さくにお話してくださり、とても楽しく嬉しかったです。
私たちは気を良くして、この後も毎日新竪町商店街をお散歩しました。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-29 23:40

金沢#3 ギャルリ ノワイヨ

たかです。

ずいぶん以前から、井上美樹さんのシャーレをさがしていました。
2、3年前のラ・ロンダジルの個展に出ていたものです。
京都で拾ってきたどんぐりを入れたりしたかったのです。
なかなか見つからなくて、思い切って美樹さんご本人にうかがったところ、
新竪町商店街にある「ギャルリ・ノワイヨ」にあるかもということで、連れて
行っていただきました。
a0135162_1332928.jpg

以前は鏡やさんだったところに、4年前に
オープンなさったそうです。
大きなガラスが入った扉がとても素敵です。
このガラスが割れるともう同じものは作れない
とおっしゃっていました。
a0135162_13374238.jpg

ノワイヨはとてもいいお店です。
(店内の様子はこちらでご覧ください→)
店主の方が素敵な方で、美樹さんもまじえて
金沢のことをいろいろ教えていただいたり、
たくさんお話させていただきました。


この日はkajitaのコーヒー豆
(愛知県ご出身の井上美樹さん
もおすすめしてくださいました)と
念願のシャーレをいただきました。
a0135162_1349409.jpg
a0135162_1350493.jpg

こちらは、以前夫に誕生日プレゼントに
もらった細長いタイプです。
とても気に入っています。
この作品が井上美樹さんとの出会いでした。
a0135162_13502334.jpg

a0135162_13503852.jpg

ひとつの出会いから、少しずつ新しい出会いにつながっていて、
ギャルリ・ノワイヨでこの旅への期待がますます膨らみました。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-28 14:00

金沢#2 21世紀美術館

21世紀美術館へ行きました。a0135162_22553383.jpg

ジェームス・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」。
大きな四角い部屋の天井に、白くて四角い色面がありました。
それは天井なのか?空なのか?
この日の空は厚い雨雲に覆われていて見わけがつきません。
目を凝らしていたら、顔に雨粒が落ちてきました。a0135162_2249963.jpg

この人はmomoko。
a0135162_2322797.jpg

この人は雲を測る男。
a0135162_22493251.jpg

レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。
雨が波紋を作る水面を、プールの底から見上げます。a0135162_22494361.jpg

いちばん大きな展示は、「ヤン・ファーブル×舟越 桂」でした。
たかは舟越さんの「戦争をみるスフィンクス」が、僕は「森の奥の水のほとり」が好きでした。a0135162_22495587.jpg

パトリック・ブランの「緑の橋」。
厚さ14センチの壁に、金沢の気候に適した約100種類の植物が植えられているそうです。
雨に濡れて、とてもきれいでした。
たかは、この作品がいちばん気に入ったようです。a0135162_22501269.jpg

[PR]
by takatoboku | 2010-05-27 23:34

金沢#1 井上美樹さん

たかと2人で金沢へ行きました。
金沢へ行った目的は、ガラス作家の井上美樹さんにお会いすることです。
美樹さんには2年前から「金沢はいいところだから一度遊びにいらっしゃい」と言われていたのですが、
それがやっと実現しました。

図々しくも、美樹さんに金沢駅まで迎えに来ていただき、
仕事場である牧山ガラス工房へ連れて行っていただきました。
雨の中、車で30分ほど山の中へ入った山里に、その工房はありました。
写真は工房から見える風景です。a0135162_16482010.jpg

こちらは工房の内部。
a0135162_16483559.jpg

右側のものがガラスを溶かす炉です。a0135162_16484426.jpg

こちらは炉の中に入っていた坩堝(るつぼ)です。
溶解炉の中の坩堝にガラスが溶けているそうです。a0135162_1649614.jpg
溶解炉は一度火を入れたら24時間燃やしたままにするのですが、
3か月に一度だけ坩堝の交換のために火を止めるそうです。
内側は熱いガラスで浸食されるので、定期的に取り換えなければなりません。
a0135162_16491796.jpg
坩堝の底には、残ったガラスが固まっていました。a0135162_16535584.jpg
こちらの工房は10年ほど前まで牧山小学校の校舎でした。
当時の小学生たちが描いた壁画が残っています。
表には二宮金次郎の銅像もありました。a0135162_16493441.jpg
工房にいらっしゃったガラス作家の皆さんを紹介していただきました。
川口まゆみさん(通称プーさん)。この日は箸置きをたくさん作っていらっしゃいました。
清井純一さん。クワイやニンニクをかたどった作品を見せていただきました。
そして、大迫友紀さん
皆さん、クラフトフェア松本に出品なさるそうです。楽しみですね。a0135162_1650812.jpg
工房をゆっくりと見学させていただいた後、美樹さんの車で新竪町商店街へ向かいました。
そして、美樹さんにいろいろなお店を案内していただいたのです。
いろいろなお店については、改めて報告します。

井上美樹さん、こんなに親切にしてくださってありがとうございます。感激です。
ご紹介していただいた皆さんも、とても良くしてくださいました。
みんな美樹さんのおかげです。
感謝しています。どうもありがとうございました。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-26 17:52

yugueとLirica

a0135162_1634174.jpg
La Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)へ行きました。
今日から、yugue(ユーゲ)の出張カフェと
お洋服のLirica(リリカ)のイベントです。
どちらも京都からいらっしゃっています。

まず1階で、Liricaのお洋服をゆっくり拝見しました。
たかは、とくにパッチワークデニムのパンツが気に入たようです。
さっそく購入し、すぐに履くと言っています。



a0135162_1634152.jpgそして2階へ上がって、yugueのお昼ごはんをいただきました。
このまえ京都でyugueを訪ねたときは、
残念ながらお休みだったのですが、
こうして神楽坂でいただけるというのはとても嬉しいことです。

腹ペコ2人組みの僕たちは、
まず始めに焼き茄子と水餃子をいただきました。

a0135162_16342880.jpg

a0135162_163515.jpgそれから、2種類のベーグルサンドをいただきました。
手前は塩ブタチーズ、奥は焼き野菜チーズです。

器は渡邊浩幸さんのものが多く使われています。
yugueの店主さんと渡邊さんは、とても仲良しなのだそうです。
今日も、渡邊さんがyugueのお手伝いをされていました。


a0135162_16351964.jpgそして、チーズケーキとパウンドケーキもいただきました。
a0135162_16353312.jpg

a0135162_16354621.jpgコーヒーは、深煎りと中深煎りを1つずつ。
深煎りはコロンビア、中深煎りはスマトラです。
京都のカフェドゥガウディというところの豆だそうです。
とても美味しいコーヒーでした。
今度、この豆を購入してみたいと思いました。

どれもこれも、とにかく美味しいごはんでした。
茗荷やパクチーなどの香草を上手に使った独創的な味付けで、
癖になる美味しさでした。

+++++++++++++++++


a0135162_16361644.jpg話しは変わりますが、明日から金沢へ行ってきます。
たかは、地図にマスキングテープを貼り
その上にいろいろと書き込みをしています。
後日、金沢の報告をさせていただきます。

[PR]
by takatoboku | 2010-05-22 19:41 | おいしいもの

庭のバラ #2

僕の実家で、たかと2人でアルバムを見ました。
45年か46年くらい前の写真です。
アルバムは縦位置の写真ばかりでした。

たぶんリコーオートハーフで撮ったものだと思います。
小さいころ、家にそのカメラがあった記憶があるのです。
リコーオートハーフの発売は1962年。
それは、僕が生まれた年です。
a0135162_2263453.jpg
左の写真は母です。
後ろのアーチに、母が育てたバラの花が咲いています。
そして45年たった今でも、庭には母の育てたバラが咲いています。

右の写真は父と僕です。
父はいつも、母の育てたバラを自分が育てたかのように自慢します。
写真の父はなんだか嬉しそうにしています。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-21 22:46 | カメラ・写真

庭のバラ

たかです。

先日、夫の実家に遊びに行った際に、お庭に咲いているバラを
おすそわけしていただきました。

マリアカラスとブルームーン
a0135162_14493245.jpg

こちらもブルームーン
a0135162_1571844.jpg

プリンセス ドゥ モナコ
a0135162_14535226.jpg

種類によって異なる香りがします。
お花屋さんにあるのとは、迫力が全然違います。

夫の実家のお庭には、ずいぶん前からバラが
植えられていたようです。
夫の小さいころのアルバムを見せてもらったら
お庭のバラが一緒に写っている写真がありました。
その写真は白黒だったけれど、お庭のバラは
私には黄色やピンクに、生き生きと咲いている
ように見えました。

わが家にはお庭もバラもないけれど、おすそわけの
おかげで、少しの間いい香りが楽しめます。
ありがとうございます。
a0135162_1510933.jpg
[PR]
by takatoboku | 2010-05-21 15:13 | 花・グリーン

リネンのハンカチ

たかです。

ずいぶん前に、お世話になっている方にfogのlinenハンカチを
贈っていただき、それを使うようになってから夏でも冬でも
私のハンカチはリネンのものが中心です。

まず第一にすぐに乾くので、気持ちよく使うことができます。
一度手を拭いた後、次に使う際にほとんどの場合乾いています。
そして、使いこむと生地の風合いが良くなってどんどん愛着が
増していきます。

La Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)でchiclinの個展のあった際に購入したmistouさん
ハンカチです。
刺繍の種類は他にバラやさくらんぼもありました。
林檎が好きなので、こちらにしました。
a0135162_9435576.jpg

こちらは、退社の際に後輩のKさんから、いただきました。
刺繍はフランス語で「雨の後は晴れ(Apres la pluie, le beau temps) 」
という意味だそうです。
かえるのジャンプがかわいいです。
Kさんありがとう、大切に使います。
a0135162_9474924.jpg

いちばん最近仲間入りしたatelier Une place(アトリエ・ユヌプラス)
のものです。
先日のin-kyoでの個展でいただきました。
他に、シルクリネンやオーガニックコットンのものもありましたが
どちらもlinen100%を選びました。
a0135162_950595.jpg

ハンカチは、何枚あっても困りません。
[PR]
by takatoboku | 2010-05-20 09:52 | 布のもの・革のもの