人気ブログランキング |

ずいぶん いいもの みつけたね

タグ:革 ( 6 ) タグの人気記事

革のクッション

たかです。

4月のLa Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)での華順さんの革作品展でいただきました。
a0135162_21365493.jpg

ずいぶん色で悩んだのですが、いちばんベーシックな色にしました。
先日うかがったラ・ロンダジルの1階にはきれいなブルーやグリーンの
クッション
があり、こちらもいいなあと思います。

3か月経って、少しずつ味が出てきた気がします。
もっともっと、くたくたになるといいなあ。
a0135162_21414246.jpg
by takatoboku | 2010-08-06 21:44 | 布のもの・革のもの

nakamuraのサンダル

たかです。

先週の根津散歩でオーダーシューズのnakamuraにうかがった際に
お店の方からこの土日になると、サンダルのサンプルをたくさん出すと
教えていただきました。今、オーダーすると6月にはできあがるとも…

そこで、お天気も良いので、夫と一緒に好きな色をオーダーしようと思い
はりきって出かけました。
a0135162_1937958.jpga0135162_1937305.jpg


そうしたら、なんと旧モデルがお安く売られていました。
新しいモデルとの違いは足の裏のあたる部分の革が、以前は色を塗って
色どめをしていたのをやめて、革そのものの色を使うようにしたそうです。
両方を試着させていただいたのですが、新バージョンの方が足の感触が
革そのままの感じで、より気持ちよかったです。
そうはいってもお買い得に弱い私たちは、店主の中村民さんに丁寧に
フィッティングしていただいて、それぞれ気に入った色を購入しました。
a0135162_19482741.jpg

民さんは私のしていた首から下げるキーケースを目に留めてくださり、
「華順さんのですか」と声をかけてくださいました。
華順さんと民さんは、ずいぶん前にデザインフェスタに出展されていた際に
知り合われたそうです。
しょっちゅう会うわけではないけれど、お互いの活躍ぶりがお互いに刺激に
なっているようでした。
そういう関係はなんだか素敵だなあと思いました。


私たちはルンルン気分で、さっそく近所のラ・ロンダジルで今日から始まった
chiclin展に出かけました。(chiclin展についてはまたあらためて…)
サンダルを履くには、まだちょっと寒かったのですが。
a0135162_1958572.jpga0135162_20302189.jpg

出来上がりを待つのも楽しいですが、すぐに履けるのも嬉しいです。
by takatoboku | 2010-04-24 20:08 | 布のもの・革のもの

革のネックレス

たかです。

先日の華順さんの展でいただいた革の小さな小さなポーチの
ネックレスをさっそくしてみました。
a0135162_21572368.jpg

色の組み合わせがいろいろあって
とても迷ったのですが、革の色が
変わっていくのを楽しもうと思って、
こちらにしました。
a0135162_221215.jpg


展にうかがった際は、華順さんはカーキの革に
ベージュのハラコのものをしてらっしゃいました。
La Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)の姉妹はお姉さんがこげ茶の革に
ダルメシアンのハラコのものを、妹さんが赤い革
のものをしてらっしゃいました。
お店には、他に飴色の革のものや黒のものなど
いろいろありました。
どれもそれぞれに素敵です。



華順さんに、中に何を入れますかとうかがったところ、
ピアスやリングなどのアクセサリーをとおっしゃっていて
それはいい考えだなと思いました。
a0135162_22101211.jpg
by takatoboku | 2010-04-20 22:13 | 布のもの・革のもの

華順さんのお財布

たかです。

私は、以前から華順さんの長財布を愛用しています。
購入したのは2年くらい前でしょうか。
たまたま、La Ronde d'Argile(ラ・ロンダジル)にふらっと立ち寄った際に以前のお店の
入ってすぐのガラスケースにちょこんとその財布はありました。
そのころから、華順さんのコースターを愛用していたので、すぐに
同じ作家さんのだとわかりました。
そして、これも出会いだと思ってその日にいただいて帰りました。

それ以来、このお財布をずっと使っています。
とても使いやすくて、大変気に入っています。
a0135162_1958082.jpg

一方、夫はかなり昔に私が使っていた男物のフェリージの二つ折財布を
使っています。
とても味が出ていて素敵なのですが、前の持ち主の癖がついていて(?)
お金が出ていきやすいようです。
今回、華順さんの個展があると知って、夫にいいお財布があるといいなあ
と思っていました。


お店に入ると、お財布はとても大人気でたくさんの人が見ていました。
私たちはまず、今回購入しようと決めていたキーケースを選びました。
次にコースターやバッグを選び、レジの列に並びました。

その時、ふとすぐそばにあったお財布が並んだガラスケースを見ると
夫が好きな色合いのお財布があったのです。
ああこれは、今までのお礼に私がプレゼントしようと思いました。
a0135162_14244087.jpg

いつもありがとう。
これからも、いろいろ大変だと思うけれど2人で頑張ろう。
a0135162_2074537.jpg

by takatoboku | 2010-04-18 20:11 | 布のもの・革のもの

華順さんのバッグ もうひとつ

a0135162_2315018.jpg

赤城耕一さん監修、華順さん制作
マップカメラのトートバッグを、僕も購入しました。
革が身体に吸いついてくるようで、とても気持ちがいいです。

作り手の気持ちがいっぱいこもっているもの。
大切に使えば使うほど育っていくもの。
何十年も何世代も使い続けられるもの。
そういうものたちと暮らせたらいいと思います。

a0135162_1194711.jpg
by takatoboku | 2010-01-04 00:01 | 布のもの・革のもの

華順さんのバッグ

たかです。

よくカメラやカメラに関する本などを購入しているマップカメラのホームページで
素敵なお散歩用のバッグを見つけました。
a0135162_11542369.jpg

斜めがけのバッグはよくあるのですが肩からかけられるトートタイプはめずらしくて
いいなと思いよく見てみると、このバッグをつくってらっしゃるのは華順さんでした。
革の質感やステッチが華順さんのバッグらしい感じがします。
このバッグをマップカメラのオリジナルとして作る際に、監修されたのは
カメラに関する著書をたくさん出してらっしゃる赤城耕一さんなのだそうです。
私も何冊か、赤城さんの著書を愛読しています。



a0135162_1202082.jpg

中には、カメラを入れる革のボックスと底にしくやはり革製のクッション、そして
バッグをつくる際にあまった革が入っています。この革でカメラを包んでもよいそうです。


a0135162_1255540.jpg

荷物を入れるとこんな感じです。
久しぶりにフィルムで写真が撮りたくなって、さっそく出かけました。
by takatoboku | 2009-12-28 12:14 | 布のもの・革のもの